;
 
浜離宮恩賜公園

東京 中央区区 銀座8丁目
 浜離宮恩賜庭園は、江戸時代の将軍家等の狩場.を持つ庭園。名称は浜御殿。明治維新後は皇室の離宮となった。 
梅・桜・菜の花・秋桜(コスモス)等、季節を教えてくれる都心の庭園。

   2001年9月8日
   キバナコスモス
   珍しいチョコレートコスモスが咲く


浜離宮入り口
2001年9月8日 駐車場は満車


2001年9月8日 コスモス畑
(前夜、テレビの中継があり、見学者多い)


2001年9月8日 コスモス畑から
建設中の汐留「電通ビル」
       
 
埼玉県 春日部


2001年 秋桜が満開
休耕田を利用した花畑



2001年 コスモス畑
秋桜(コスモス)♪♪♪・・



2001年 古利根川緑道
ウォーキングコース脇の公園



2006年 春日部市 児童センター

 
 埼玉県 春日部市 
大落古利根川沿いの「秋」
コスモス畑 散策
春日部市:日光街道の宿場町

「コスモス畑」へのアクセス
 東武鉄道 伊勢崎線 春日部駅〜
東武鉄道 野田線(柏方面)に乗換える
「 藤の牛島駅」下車- 徒歩約15分


     
 
東京 葛飾区 水元公園

水元公園は江戸時代古利根川が増水したとき、江戸の町を洪水から守るために掘られた遊水池。 遊水池は葛飾や江戸川地域の灌漑用水の水源となり、水元の名称由来となった。
 は、公園外周遊歩道(約4km)沿いの桜が咲き。初夏には水辺の花菖蒲、睡蓮などの花が咲き。秋には野鳥やカモが飛来するなど、自然を楽しませてくれる。水元は昔から釣り人がいつもいる場所として有名。

 ● JR常磐線 金町駅 徒歩17分



2001年11月4日 水元公園
池端には休憩用ベンチも多い


 
水元公園入り口


渡り鳥が飛来する ”春は桜見物で賑わう

 

     
 
福島 南会津 会津高原

福島県南会津郡田島町滝原 
 2003年11月2日(日)、好天に誘われ紅葉を楽しむ旅に出かけた。紅葉見物をする場所は、特に決めることなく栃木県方面への電車に乗り、紅葉の山を目指したが、行けども・行けども紅葉の風景がやって来ない。紅葉見物は早いかな〜と、不安を持ちながら車窓に映る景色をぼんやりと長い時間眺めていた。ふと気が付くと、紅葉に色付いた山々が観えてきた。心の中でヤッタと思いながら、早速次の駅で降りる準備を始めた。その時の駅間は長かった。降り立った紅葉の停車場は「会津高原駅」福島県であった。
駅近くの集落へ足を運ぶと「衆議院選挙」のポスター。小泉新総理の初選挙広報が目に入った。

 ● 交通機関  東武鉄道&野岩鉄道
  東武伊勢崎線「浅草」から「会津高原」まで
  快速「会津田島」行き利用  所要時間は約3時間


2003年11月2日

その後
会津高原尾瀬口駅に改名された
 

野岩鉄道 会津鬼怒川線 「会津高原駅」 Tel:0241-66-2329

 
会津高原駅から少し歩けば
三滝温泉旅館で温泉が楽しめる

 
会津高原駅から徒歩5〜6分の所に
天然温泉宿がある。露天風呂「混浴」有り
「情報記事の案内」

 
 
国道352号から脇道に入ると
ハーブを利用したパスタ料理(紹介HP)
のお店がある。
 
会津高原駅の北東側川沿いに
滝原地区の民家が並んでいる。
氏神様を囲む木々も紅葉で綺麗。

 

     
 
新潟  長岡・寺泊

 
2001年11月23日 新潟の旅
初雪が降る前の新潟の旅に出かけた。新潟は1998年11月以来である。旅のコースは、長岡→長岡城→寺泊→
北陸自動車道→磐越自動車道→水原 瓢湖→月岡温泉。
冬直前の不安定な天気であったが、晩秋の越後路を楽しめた。

 
 
長岡城
(米百俵で有名に)

長岡城天守閣からの眺望
(晩秋・・紅葉少ない)
 
寺泊海岸
暖かい日差しを浴びて波と戯れる

 
瓢湖
白鳥は遊んでいた田畑の土で顔中真っ黒!
瓢湖に飛来着水・・即顔を洗う
 
 
白鳥飛来池 瓢湖(ひょうこ)
新潟県水原(すいばら)町


白鳥は昼間田畑で遊び、夕刻瓢湖に帰る

新潟県水原(すいばら) ホームページ

 

     
 
埼玉県 幸手 権現堂


 
2006年9月23日(土)秋分の日
秋だな〜。と、感じる自然を求めて、茨城県と千葉県に接する埼玉県幸手(さって)市に出かけた。
 幸手市に出かけたキッカッケは、幸手市観光協会が各地に配布した「第1回 曼珠沙華まつり」のポスターを東武線の駅で見かけ、心を和ましてくれる散歩が出来そうだと感じたからだ。
 しかし、駅に着くと、曼珠沙華まつりを盛り上げる「のぼり」、「ポスター」、「道案内」等もなく、寂しい田舎の駅前であった。会場の権現堂桜堤までは、事前の調査で地図を用意していたため、どうにか辿り着けた。
 曼珠沙華まつりの会場は、何のイベントもなく、ガッカリ。会場に隣接する「幸手市北公民館」を利用して、市のPRや産物の販売、観光客の休憩所等を開設すれば、次回以降のまつりは、成功すると思われる。






権現堂の曼珠沙華


権現堂 遊歩道


権現堂調整池(行幸湖)
「スカイウォータ」大噴水




権現堂の曼珠沙華


枯れ花の除去等曼珠沙華の手入れをしている
「市民ボランティア」の人々




幸手駅から権現堂桜堤まで
矢印の道順で徒歩約25分徒歩



権現堂 遊歩道





アクセスカウンター