散歩路は、草木の風景や風の色で季節を感じる事ができる。
その感動を写真で・・・・。
     
  10月 9月 雉(キジ)
       
     
10月は、二四節季で 10月8日(日) 『寒露』  10月23日(月) 『霜降』
 
 

   
       
  ;10月      
       
   
  10月1日   10月1日
 
”春”、白い大きな花を付けていた「ハナミズキ」が、赤い実を付けています。近くで野鳥が騒いでいます。
『自分の食べ物・・盗るな』と言っている様です。

 
川縁の細道・・川添いに植樹された桜の木。『春』には沢山の花を咲かせて、大勢の人が歩行見学をしていました。今は、紅葉シーズン。人影を観る事はないです。

   
  10月1日   10月1日
 
実り豊かな田圃の稲。『金色』の風景が遠くまで続いています。豊かな気持ち(満足感)が湧いてきます。

 
黄金の色を放つ田圃の脇には、小さな車道がある。
稲の収穫の際は、大活躍する大切な道路でしょう。

   
  2019年10月1日   2018年10月30日の風景
 
稲刈りが終了した田圃地帯。足跡も多く、何かの準備
をされた様です。(種蒔をされた様に拝見できます。)

 
昨年この場所を散歩した際の写真です。
”コスモス(秋桜)の花が咲いていました。コスモスを見ながら心の中で歌を歌っていました。♪♪淡紅のコスモスが秋の日の・・・。

   
  10月1日   10月1日
 
稲刈り後の風景。藁(わら)を金網フェンスに架けて乾燥されています。来年種蒔後の乾燥防止に利用されるのでしょうか?


 
陽が傾いて涼しくなって来たので、小さな公園で休憩を取ってから帰りです。野鳥が木の枝で騒いでいます。
鳥の縄張り地に入り込んだのかな〜。


 
  10月9日 10月9日
 
心地好い柔かいな風に誘われて、旅客列車が走る線路の側道に出ました。側道の脇には「背高泡立草(せいたかあわだちそう)が、群生しています。

 
鉄道線路を超えて、散歩を続けると、大きな川に出ました。川の土手には「河原薄(すすき)」が・・。
満月の夜は、この薄と「おだんご」ですね・・・。

 
  10月9日 10月13日
 
川縁の公園は、落葉が目立ってきました。また、枝だけの樹が多くなりました。その公園の中で緑の葉と黄色い”実”を付けている『黒鉄黐 くろがねもち』。野鳥が狙っていますね。

サクラの木の葉は、日々落葉している様子です。最後の『ひと葉』はどれか・・。
 
  10月13日 10月13日
 
大きな川の土手には、桜の木が一列に並んで植樹されている。通称・「桜土手(さくらどて)」。この桜土手は、春はお花見。夏は、花火大会の会場・・。
秋は、「健康第一の散歩人」達のウォーキングコース。

公園内に窪地が造られています。桜並木の反対側は、大きな河です。窪地に溜まっている水は、河の水位と同じです。河の水位を測定できますね。昔からの生活の知恵ですね。

   
 
10月13日
  10月13日
 
秋ですね〜。実りの秋ですね〜。
住宅の敷地内北側に植樹された柿の木。
柿の実は幹の上部に多いようです。
柿の木の下部は家の日陰?少ないです。

 
道路北側の柿の木。
陽射しも良好な場所の柿の木は、沢山の果実を付けています。住宅が近くに有るためか、野鳥に食され沢山の実を付けています。

     
     
       
       
       
       

         
           
           
           
           
     

アクセスカウンター