散歩路は、草木の風景や風の色で季節を感じる事ができる。
その感動を写真で・・・・。
     
  9月 10月 雉(キジ)
       
     
9月は、二四節季で 9月8日(日) 『白露』  9月23日(月) 『秋分
 
 

   
       
  ;9月      
       
   
  9月2日   9月2日
 
要件は完了した。天候が好いので『初秋の散歩』です。
東京スカイツリーが望める「東京江東区横十間川」界隈の散歩です。

 
横十間川の隣は『猿江恩賜公園』です。
湿気も無く好天気なので『ぶらり散歩』です。
園内の「サンゴ樹」は赤い実を沢山つけて「好天気万歳」と言っている様です。

   
  9月4日   9月4日
 
9月4日は、都心を離れて郊外の散歩です。
大きな河川を守る『樹木』が並ぶ場所です。
桐(きり)の木には、『実(み)』が沢山付いています。

 
河川敷の空き地に植樹された『辛夷(こぶし)』の木。
春には、白い辛夷(こぶし)の花が咲いていました。
♪辛夷咲くあの丘北国の・・・帰ろかな〜。

   
  9月4日   9月4日
 
散歩路は、実りの秋になりました。緑色から茶色に熟した『栗の実』。この実を採り、乾燥させてから冬場の
焼き栗として食される・・・?

 
栗の『若い実』。これから段々と熟して食べ頃になるのはいつでしょう・・。大きく育って下さい。

   
  9月4日   9月4日
 
百日紅(さるすべり)の花は、公園内の要所各所に植樹されいる。チョット種類の異なった百日紅を見て周る散歩が楽しめる。


 
百日紅(さるすべり)の花
木の肌(樹皮)は、何時でも「ツルツル」です。
サルが滑って落下する事も理解できます。


 
  9月4日 9月4日
 
アブラセミの脱け殻
朝早くから地中から幹に昇り、僅かに残る「桐の葉」に抱き着いて、脱皮した蝉。その努力が残っています。


 
暑い陽射しから身を守るため?チョット涼しい場所を求めての散歩。日陰場所が広い場所で休憩。チョット上を観ると、『鷹の羽ススキ』が日陰を作っていました。

 
  9月13日 9月13日
 
普段散歩する地域から”チョット”遠出して、とても閑静な場所に移動しました。公営施設?と思われる空き地には、優雅に『ケイトウ』の花が群生しています。

『ケイトウ』の近くには、『キバナコスモス』が咲いています。散歩路としては、楽しめる場所です。が、人影が有りません。

 
  9月20日 9月20日
 
川縁の自然公園の入り口付近に、散歩の人々を見下ろす様に『うど』の木が・・・。・若い芽を豊富につけていますね・・・・。


チョット遠出したら、竹林など多くの植物を庭に植樹されている邸宅に・・・。失礼ですが、塀越しに写真を撮らせて頂きました。「タカノハススキ」が見事に咲いています。

   
 
9月20日
  9月20日
 
遠出の足を更に延長して、川がある閑静な場所に着きました。川縁には、川の補強工事を施した盛り土が有ります。その盛り土を「もぐら」から守るため、毒性のある「曼珠沙華(マンジュシャゲ)」が植樹されています。


 
曼珠沙華の花は、秋のお彼岸の頃に花が咲くので
『彼岸花』とも呼ばれている様です。
♪〜赤い花なら曼珠沙華、オランダ屋敷に雨が降る・・・。と歌われています。この時期は季節の変り目、秋雨前線 が活動する時期です。散歩も天候次第ですかね〜・・・。

       
     
       
       
       
       

         
           
           
           
           
     

アクセスカウンター