;

白山神社

「文京あじさい祭り」で賑わう白山神社
約3,000株の紫陽花(あじさい)が
白山神社境内などに咲く。





6月の花・紫陽花と花菖蒲
東京都文京区 白山神社〜白山通り〜小石川後楽園の散歩
季節の花が、梅雨時の重たい身体や気持ちを何故か解消させてくれます。清涼感が味わえる夏の散歩コース。



   
 






小石川後楽園

花菖蒲が咲き綻ぶ小石川後楽園

小石川後楽園は、元 水戸藩 徳川家の
上屋敷跡の一部で、特別史跡・特別名勝に指定されている。
この場所は、歴史の匂いと季節ごとの風情を色々な角度から楽しむ事が出来る。
早春〜春: 梅・桜・つつじ・藤
初夏〜夏: さつき・かきつばた・花菖蒲・等








       

2001年5月5日 栃木県 大平山
 ゴールデンウイークの小さな旅
栃木県 栃木市 大平山


東武鉄道 日光線 栃木駅
(JR栃木駅と併設)



太平山は標高343m
太平山神社は平安初期
慈覚大師に創建されたと伝えられている




 2001年)大型連休は、栃木県の「ハイキングコース」にしました。
ハイキングコースは、自然に親しみながら新緑と季節の花を楽しめる 栃木県立自然公園「太平山」です。
「太平山」のハイキングコースは、ガイドブックの「関東ふれあい道コース」(約13km ・・略図・・)です。
栃木駅を起点に「錦着山」→「太平山神社」(昼食)→「隋神門」→「つばき坂」→「あじさい坂」→「六角堂(連祥院)」→「ぶどう園」→「新大平下駅」終点のコースです。 所要時間は約5時間でした。

大平神社 餅つき大会


紫陽花坂
   
     
 

2000年5月5日 群馬県 館林


 旅のコース(略図の青色矢印
 東武鉄道 伊勢崎線 茂林寺前駅 下車
 茂林前駅→徒歩3分→”ぶんぶく茶釜”の茂林寺→野鳥の森→国道354号経由→
 つつじが岡公園
→(昼食)→館林市役所→東武鉄道 伊勢崎線 館林駅
     全コース徒歩の旅でした。(所要時間約5時間
 


茂林寺
ぶんぶく茶釜の「たぬき像」

   
つつじが岡公園
 
 
城沼の脇で「イベント」

つつじが岡公園
 

略図

     
 
2002年5月5日 千葉県 野田市

 とても暑い日、気温は30℃ぐらい !!
涼と・・「森林」・「水」・「観光」・・を求めて
千葉県 野田市 清水公園 へ!
東武鉄道 野田線 清水公園駅 下車
→徒歩6分→”清水公園”→園内散歩→
→醤油の街”野田”→木陰で休息→野田市駅


清水公園 池上のアスレチック
バランスを崩すと池の中に”ドボン”


清水公園内の施設 「噴水の迷路」
利用料金 大人(中学生以上)\620
子供(4歳以上小学生まで)\520


清水公園内の散歩道
道端の小川には”菖蒲の花”が満開


略図



野田市駅の近くにある
”キッコ−マン”研究所



東武野田線
野田市駅

     
 
2002年5月18日 埼玉県 川越市

 蔵造りの町並へは、西武新宿線 本川越駅前の中央通りを北(駅が左・イトーヨカドーが右チョット先に交番が見える)へ約10分程進むと、「仲町」の交差点に着く。
 ここまでは、どこにもある旧街道筋の街並であるが、仲町の交差点から電力や通信の電柱が姿を消し、「蔵造りの町並」一番街通りに変わる。ここから「小江戸」の散歩開始である。


仲町交差点
蔵造りの町は、街路灯以外の電柱なし。
電力や通信は、地下から供給



時の鐘(トキノカネ)
 寛永年間(1622〜1644)に川越城主酒井讃岐守忠勝が建てたのが最初と言われている。現在のものは、4代目といわれている。江戸時代から城下町に時を知らせるこの鐘は、現在も午前6時、正午、午後3時、午後6時の4回、川越市民に時を知らせている。

 
蔵造りの町並
一番街通りに面して建ち並ぶ土蔵造りの店舗は、蔵造り町並と称し、火災の類焼を防ぐための耐火建築として発達した。(重要伝統的建造物保存地区)



川越市蔵造り資料館
 この資料館は、明治26年(1893)3月の川越大火の直後、類焼を免れた数軒の蔵造りにならって、煙草商が建設した。明治時代の建物の内部構造や敷地内の配置などが見学できる。(入館料\100)

 
蔵造り資料館
1階住居からの階段(らせん階段)
 
菓子屋横丁
    昔懐かしい駄菓子類が店頭に並ぶ。
  中高年の観光客が、幼き頃の自分に戻り、駄菓子の商品名と商品の形を懐かしみながら買い求めていた。
 

     
 
深川 清澄(きよすみ)庭園
   東京 江東区 清澄三丁目

 江戸 元禄時代 紀伊国屋文左衛門 屋敷跡
(現在の清澄1丁目、清澄2丁目、清澄3丁目)その後、下総国関宿の城主・久世大和守の下屋敷となり、明治11年、岩崎弥太郎が買い取る。庭園内は、全国の名石(大石)が配せられているが、明治時代に大石を運搬した事に驚嘆される。西側に隣接する開放地は、桜など季節を知らせる木々も多いので、散歩の人々も多い。
元禄時代と言えば「忠臣蔵」。赤穂の浪士を多面から支えた人物として、紀伊国屋文左衛門の名前が語られている。



1998年6月

 
2007年6月30日

2007年6月30日

     
 
1999年6月8日 東京 愛宕山

 
愛宕神社「出世の石段」は、ビジネスマンの方々がよく登っていますが、最近は中年の方々の利用が多くなっています。運動不足解消?それとも・・・・?

 
 
鳥居奥の両側に位置する狛犬像は、
昭和20年の米軍機からの銃撃により、大穴が空いたままになっています。
この穴は銃弾の大きさを現在に残す証でしょう。
 愛宕神社は毎年6月23日、24日千日詣り祭が
 あります。この日はご婦人の疫除け参拝の日
 ですが、男性?の方も少々見かけられます。
 TV中継が時々あります。


 
1999年6月29日 目黒自然教育園
 
国立科学博物館附属「自然教育園」 (旧白金御料地)(有料\210)
自然教育園は江戸時代高松藩主松平頼重の 下屋敷、明治時代陸海軍の火薬庫、
大正時代白金御料地。 植物や動物など自然の環境をそのまま。 蛇もチョロリと出てきました。

 
江戸時代の庭木--大木になりました

瓢箪(ひょうたん)池のオシドリ

     
 
1997年7月 東京 お台場
     
 

新交通ゆりかもめ「船の科学館」駅と
港区・台場地区を望む
中央大型ビルはJOCX-TV(フジテレビ)社屋


新交通ゆりかもめ「船の科学館」駅と
江東区・青梅地区有明地区を望む

     


アクセスカウンター